top
is Online Portfolio & Concept Web Site of Industrial Design , Graphic Design , Web Design and Built with Processing.
news about portfolio epsilon blog contact
Top
カテゴリ:Fashion( 11 )
Dior year 2007
f0047270_136566.jpg

Christian Dior Haute Couture
~ガリアーノが魅せるニッポン~


表参道のディオールビルでオートクチュールの展示を見てきた。
ジョン・ガリアーノが東京・京都・大阪を旅してインスピレーションを受けたものがそのまま作品となっている。一体この服を一つ作るのにどれだけ時間がかかるんだと疑問に思うほど一つ一つが手の込んだ作品となっている。よくみると手縫いで縫い合わせたところなんかもあり、このデザイナーとパタンナーの絶妙な息が今日のDiorブランドを形成しているんだなーと感動した。
もう一つ感じたことは、日本人が見た日本と、外国人が見た日本の美意識の違い。作品には百合をモチーフにした形だとか折り紙、笠など日本のアイコンとも呼べる形が使われていて、ここまで「日本らしさ」を表せる日本を自分達はどれだけ見つめてきたか、と。ガリアーノの作品というフィルターを通してしか日本の美しさを再認識できないのも問題だなと。

とにかく、見ておくべき展示だと思う。
[PR]
by ep_dsk | 2007-12-18 13:05 | Fashion
CIBONE ULTRA SALE & Yohji Yamamoto
f0047270_1855587.jpg

 とりあえず行ってきました。4万とかのものが70%OFFだったり安売り祭りでした。ただ、ほしかったものが売れ切れてたのか対象外だったのか、探してもなかったので何も買わなかった。インテリアショップはあんまりSALEとかやってるイメージないので、もし気になった人は明日行ってみてはいかがだろうか。

 その後、この暑い中わざわざ青山まで来たのになんだかなーと思ったので、そのまま南青山へ。久しぶりにYohji本店へ。凄いカッコいいパンツと2連ベルト付のハイカットスニーカーが欲しくなった。けどこれを買ったら夏休みどこも行けないな…と葛藤し、また来ますと店員さんに告げた。アレ欲しかったなー。その後ギャルソンとかSPACE行ったけど特に気に入るのは見当たらず。そのまま表参道を通って人間観察しながら原宿駅へ。まだまだ自分より変な人が東京にはいっぱいいるんだなーと安心した。


 今日はいろんなところで花火があるみたいだ。新宿には浴衣姿の女の人がたくさん。浴衣姿を見ると夏って感じがしますね。


今も戸田の花火の音が聞こえてくる。
[PR]
by ep_dsk | 2007-08-04 19:21 | Fashion
文化服装学院 文化祭
今日は文化服装の友達に誘われファッションショーを見に行くことに。

新宿の南口からもうすでにそれを見に来た人らしき人達が集まっている。
文化祭最終日でしかも最後のショーということで人もたくさん並んでいた。文化祭スタッフみたいな人はみんな黒い服。あとで聞いてみたらスタッフは黒でセミフォーマルかフォーマルじゃなきゃいけないらしい。それにしてもみんな服のカタチが違う。自分で作ったのか、もしくは買ったのかもしれないけどどこで売ってるんだって感じの服ばかり。もちろん他の人と同じ服を着ている人は見当たらない。いかに人とかぶらないか個性を出すかの争い。普通の社会人じゃ考えられない光景だ。
 自分のような普通の大学生達はこれからの就職活動を、いかに地味に見せ、それでいて個性を出し、常識があるように振舞わなければならないのに、この光景を見ていると全く別の世界の人達に感じる。でも自分はあんまり好きじゃないかなスーツをちゃんと着ない人。ショーの前なのに軽い仮装大賞になっちゃってる。まぁでも自分の好きな服を着れるのならそれは幸せなことだと思う。

肝心のショーについては、運よく(しかもチケット無し)なのに前から2番目の列に座って見ることができた。なんか入場の際に赤と青のセロファンがついたメガネを渡された。でも2,3分のオープニング映像でしか使わなかった。ショーは黒い服で始まり、白、カラフル、民族調、修道院僧調、ドレスと続いた。確かに見ていてステージもデカクて服にもお金が凄いかかってるのがわかったし、服飾の専門ということで洋服のクオリティーは高校生の比じゃない。でも発想とか、コンセプトとか斬新さといった点では、今まで自分が見てきたものと比べてもさほど変わらない気がした。もしかしたらお金さえあれば若くてももっとすごい人がいるんじゃないかなとも思ったし、専門に通っていても天才的な才能を持った人は年に一人いるかいないかなんだろうなぁと思った。

本物のファッションショー(パリコレとか東京コレクションとか)を見てみたい。
観覧者に「それを着る」ということを想像させることができるような、スライドショーみたいじゃないファッションショー。
誰か連れていってください。



  
[PR]
by EP_dsk | 2006-11-04 23:09 | Fashion
再び文化服装学院に潜入
f0047270_2355261.jpg またもや文化服装学院に潜入。
今日こそは文化の学食で昼飯を食おうと思ってたけど1時半で終わりらしく仕方なく購買に売っている弁当を買ってテーブルで食べる。今日はK氏と色々話しをした。文化に新しく大学院大学みたいのができたらしい。儲かってるな~この学校は。就職も、学校に求人が山ほど来るらしく、選ばなければほぼ100%就職可能とのこと。羨ましいな。





 文化はいつきても文化祭みたいだな。髪の毛ピンクの人やオーバーオールカップルとかいるし、テレタビーズみたいな集団や俺より具合の悪そうなメンズもいる。朝家出るときに親に服装の事とか言われないのかな。まぁこう学校で似たような集団が集まっちゃえば恐いものなしなんだろうけど。大人になったらどういう格好に変わるのかな~この人達は、とか考えてみる。自分も服全部リセットしたくなる。っていってももはや洋服にかけるお金は二の次になってる今。当分リセットは難しそうだ。


 この学校のデザイン科と技術科という二つの科では、服に対する考え方が多少違うらしい。ファッションの世界にもコンペがあり、デザイン科の先生は生徒にコンペに積極的に参加するよう促すとの事。やっぱりデザイン科はデザイン重視で、着るための服というよりかは、もっとシンボル的な要素が高く、インパクトの強い服を作るらしい。縫製が多少汚くても許されるとの事。逆に技術科は縫製はキッチリできてて当たり前。着るための服を念頭においてるからデザイン科まで奇抜な服は作らないんだとか。


 やはりファッション業界でも企画・ディレクションと(デザイン)、技術者(パタンナー)っていう具合に分かれちゃうんだな~もちろん両方こなす人も居るだろうけど。ギャルソンの川久保玲なんかは自分ではデザインをパタンナーに伝えるだけらしい。しかも図面とかスケッチを描かずに「今回はこんなイメージ」とか言葉で伝えるらしい。なのでギャルソンのパタンナーはほぼデザイナー・パタンナーの両方をこなす勢いのようだ。なのでギャルソンのパタンナーを経験すればどこの企業に行っても優遇されるとかなんとか。といっても年に一人くらいしか採用しないらしく、一次は筆記、二次は川久保さんと一対一の面接、それに合格したらやっと技能試験なんだとか。一対一とかコエー。技能が最後に来るということは川久保さんは、その人の技能意外の「何か」を観ているんだろうな。よく一般の就職面接でも人間性を見られるというが、それと同じ感じだろうか。

人間性はどうすれば向上できるか考えてみる。







[PR]
by EP_dsk | 2006-06-07 23:22 | Fashion
久しぶりに原宿―青山のファッション事情を拝見
GWだからといえども人多すぎ。
山手線降りてから改札出るのに普通に5分くらいかかったし。

表参道に出たはいいけど向こうのほうまで人しか見えない。今日は一段と暑かったのでなんだか不快なほど。やっぱ原宿ダメだわ俺。

やはり最近はアタマにカチューシャしてる女の子がかなり目立つ。5人に一人はしている。上戸彩の影響?これもすぐブームが去るんだろうなぁ。そのほかはコレといって目立った流行は無かった気がする。男のほうもあまり変わらないかな。ただ堂本剛みたいな髪型のあんちゃんが多い気がする。SHIMA言ってた頃思い出すなぁ。人とはちょっと違った雰囲気を求めたけど、結局そんな人達が集まったらみんな一緒じゃんってなってお疲れちゃん。

いつもは入り難いギャルソンもお祭りになってた。
[PR]
by EP_dsk | 2006-05-05 23:35 | Fashion
新宿ファッション事情
今日は雨が降っちゃったけど新宿を散策した。

久しぶりに洋服をじっくり見た。

 まず最初に向かったのが高島屋のA.P.C。店員さんいつ見てもかわいいな~ああゆうシンプルな服装が似合う人はすごく羨ましい。外人さんだから似合うってゆう服もあるけど、女の子はもっとガツガツいっちゃっていいと思う。メンズも結構好きかな。何気パンツはここの2本持ってるし、バッグも。でもちょっと作りが丈夫じゃないんだよな~もうちょいあの値段ならしっかりしたものが欲しい。と今思う。

 次はAnd A。一時期はやったな~あの2ベルトの背負うバッグ。大学内でも3,4人は色違いの持ってる人がいて見てられなかった。やっぱ流行りは怖いわ。ココのお店はパンクっぽいな。男でもピンクでさわやか!みたいな感じ。自分は洋服よりもLOMOとか時計とかそっちのほうが気になる。レディースも若い感じで20代が着る様な服が多い。

 次はAmerican Rag Cie。ここも久しぶりに行ったけど代わったな~。昔はこんなボロボロの服とか野暮ったい感じじゃなかったような気がするけど。それでいてそれなりの値段するんだよなココ。時計とかアクセサリーはカッコいいと思うけど。店員さんも今風な感じで、髪の毛長くてパーマかけてって感じ。

 次はBEAMS。ここいいよ~洋服は全く見ないけど。高1の頃ビームス流行ったな~何が良かったのか今考えると変だな。Tシャツとかセールで買い捲ってたりしてた人いたな。洋服は好みじゃないけど、ここの1Fのインテリアとか小物が好き。最近は洋服よりもそっちに目がいっちゃうな~デザイン性の高いプロダクト。ビームスがいつからこんなに手を伸ばすようになったのかしらないけど、海外のデザイナーとか有名な人の作品をディスプレイしてあるのは個人的にすごく楽しめる。バングオルフセンとかスタルクとかアレッシーの作品はやっぱカッコいいね。

 次に向かったのが伊勢丹。ここは入るの恐いね~今日は初めてレディース館をじっくり見た。メンズ館よりもデザイナーズブランドのお店が多い!メンズ館は2Fくらいにしかないけど、明らかにレディース館の方が店舗多い。でも自分の知ってる店舗が多かっただけなのかも。FRAPBOISとかTSUMORIとかCOMME des GARCONSとかY'sとかLIMI feuとかZUCCaとかVia Bus Stopとか。ヨウジとギャルソンが並んでるのを見たときはなんか恐れ多かったね。でもこの二つの服を見るのは他の服と違って特におもしろい。シルエットが全然違うし、歪みとか捻れを布で表現してるところがすごい。店員さんも川久保玲ソックリの髪型だったし、相当好きなんだなーとか思いつつ洋服をまじまじ。やっぱカッコいい。こういうのを着こなすにはそれなりのアイテムとセンスが必要だな~痛いコーディネートとかしてお店に入れないやな。恐ろしい。。でもレディースでも普通に欲しいのあったな~でもそういうのって大抵4万以上するんだよな。ガキにはまだ早いか。あと聞いた話によると宇津木さんが新しくブランド立ち上げるとか。

 



















[PR]
by EP_dsk | 2006-04-05 23:50 | Fashion
A1印刷と東急ハンズと世界堂とEDIFICE
今日はもう春の陽気で桜の開花も一気に進行するに違いない。

 展示の買出しの為に新宿へ。友達とハンズで色々話しながら必要なものを購入。どうでもいいけどハンズ高いよ。何でも揃うけど値段が高い。かれこれ一ヶ月で2,3万はハンズに消えたんじゃないかな。こんなことならもっとはやくハンズの会員になるべきだった。悔しいからね。スチレンボードとかスプレーのりとか紙とかを買うなら世界堂のほうが全然良心的。会員カードで多少何割引かになるしね。本店は駅からちょっと遠いけどこれからもお世話になるだろう。


 買出しを終えて本当の目的の為に大学へ向かった。A3~A1サイズの印刷となるとさすがに一般家庭のプリンタじゃできない。用紙は準備したので、大学のプロッタを使って印刷しなければならなかった。あの建築学科とか服飾系の学生が持つアジャスターケースに用紙を入れて。大学のプロッタを使うのは初めてだったのでTAにお世話になった。用紙の入れ方も定かじゃない。でかいよ。A1の印刷が一回失敗して裏にやり直した。Illustratorでプリントするのまだあんま慣れてないんだよね。ページツールとかいうの使わなきゃちゃんと用紙サイズで性格な位置で印刷されなかった。Photoshopのほうがまだ慣れてるほうかな。DTPじゃイラレのほう使えないと意味ないんだがなぁ。プリンタは維持費が大変だるな。プリンタがお手ごろ価格でもインクが高いんじゃ意味がない。でもまぁその辺は大学に高い授業料はらってるんでうまいこと利用していかなくては。あとはボードに張るだけだな。


 地元の駅の改札を出ると10人くらいのおばあちゃんがキレーーーにサークルを作って改札の目の前で談笑していた。お、おそろしい・・・チャリに乗って家の近くまで来たとき親が犬の散歩をしていた。公園に同じようなおばさんやおばあちゃんがいて、談笑していたので自分も思い切って乱入してみた。そこであるおばさんにこんなことを言われた。

「息子さん芸術派だでしょ~」

「ポリシーもってるね」

「周りの子が髪の毛オレンジとかに染めてても絶対黒でしょ?」

「代わった靴はいてるね~」

とまぁ要するにそのあばさんの息子もちょっと人と同じなのが嫌な性格らしく、ファッションも独特らしい。なんでも丸の内のEDIFICEで販売の仕事をしているらしいのだが、一日12時間以上労働で、キツすぎてそろそろ辞めるらしい。確かに大手のショップは忙しそうだ。
話を戻すとそのおばちゃんの息子も色々ポリシーみたいなものがあるらしく、うちの親の気持ちが良くわかるよ~などと言っていた。まぁ親はどう思ってるのか解らんけどでもたぶんほどほどにしとけと思っているだろうけど、好きなことできるのも若いうちだけだし、自分の譲れない部分ってのはある程度持っておきたいなって思ってる。

ファッションってそういう部分が一番現れやすいところなのかね。性格も大事だけど、外見も大事だ。顔とかじゃなくて、身だしなみというかわからんけど。初対面の人はまず見た目で印象がついちゃうもんな。気をつけよう。




[PR]
by EP_dsk | 2006-03-25 21:11 | Fashion
文化服装学院 再来
今日も衣装の打ち合わせで新宿の文化服装学院へ。

なんだか南口を出て右行くとそれっぽい人達と目が合う目が合う。

まぁ牧師じゃあしょうがないか。

今日も地下の学食へ。放課後って感じだった。今日は思い切って購買でなんか買ってみようと思い購買へ。なんだか視線が気になるなぁ。

まぁ牧師じゃあしょうがないか。

6時くらいまで話が続いて、学食がしまっちゃうらしいので11階まで移動。

ここにも学生ラウンジみたいな空間があり、縫製したり談笑したり寝てる人がチラホラ。

それにしても立派な建物だ。そして文化に通う人はみんな田舎者らしい。確かに原宿くる若者の殆どは埼玉県民とか神奈川県民とかなんだろうなぁ。自分もそうだし。朝遅刻しそうなときにこの建物は不便だな。エレベーターがなかなかこないんで1限目出席とれなかった~何てこともあるんだろうなぁ。将来は青山とかにオフィス構えて、高円寺とか中野に出勤とかできたら幸せだな。朝は下りで帰りは上り。それだけでもかなり好条件の職場だー

とか帰りの電車で考える。


明日はスタジオ撮影だ。

最近毎日外出している。
[PR]
by EP_dsk | 2006-03-07 21:50 | Fashion
文化服装学院に潜入
今日は、寒い。

もう一人のモデルさんに会うために新宿の文化服装学院へ。

f0047270_20101916.jpg
新宿でこれだけの建物を建てられる文化は凄いよ。一体いくらかかってんだ。
文化女子とくっついたりしてるところがあって、学生はなるほど文化生って感じだ。
それにしても立派な建物。


自分の大学と比べるとなんだか悲しくなる。


食堂でモデルさんと会った。初対面だった。かわいい。
写真に関しては素人だけど、なるべくイメージがうまく伝わるように頑張らなくては。

 それにしても衣装さんが作った服とか見てると凄いなと感じる。普通の人は洋服を「選ぶ」という選択肢でしか得られないのに、この人達には「作る」ってゆう選択肢も持ってるんだもんな。
自分にはないスキル。すごく興味あります。







[PR]
by EP_dsk | 2006-02-24 20:16 | Fashion
mocha
高円寺で古着屋を巡るときは必ず寄るお店がある。

「mocha(モカ)」

f0047270_17575428.jpg


多くの古着屋では気に入ったのにサイズが合わない、なんてことが多々ある。特にメンズサイズではほとんどが、「これカッコいいんだけど大きすぎる!」というシチュエーションが個人的に多い。そういう時はホントに落ち込む。
 自分の体系だとメンズでは大きすぎる場合が多いので、レディース寄りで古着を探す。このmochaは、サイズが大きすぎるということはあまりないし、何より状態がいいのに低価格であるのがいい。最近はレディースの量が増えた感じがする。お店的にもレディースからの支持が大きそう。デザインもかっこいい服が多数取り揃えてあり、いわゆる普通の「古着」とは少し奇抜なアイテムが多いと思う。色もモノトーンのものが多い。
 今日は黒いエナメルの靴が気になった。

f0047270_1801327.jpg


















[PR]
by EP_dsk | 2006-01-29 18:11 | Fashion


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright © 2007 dsk All rights reserved