top
is Online Portfolio & Concept Web Site of Industrial Design , Graphic Design , Web Design and Built with Processing.
news about portfolio epsilon blog contact
Top
カテゴリ:Architecture( 25 )
国立新美術館と21_21 Design Sightと西荻窪
f0047270_0473293.jpg

今日初めて行ってきました。

 参議院議員選挙でも天才ぶりを発揮した黒川紀章氏設計。千代田線の乃木坂6番出口直結ですごく便利。地上に出る前からCGのような空間が美術館までの道のりを誘う。平日ということもあってか、年配の方が多い。美術館に入ると、左にはぼんやりと光る垂直のスリット壁、右側にはウネウネしたガラスの壁が見える。どこかでこんな空間感じたことあるなーと思ったら、あの東京国際フォーラムの中にいるときのような開放感に似ていることに気づく。
f0047270_0534490.jpg

 円錐が地面から生えている。中は厨房になってるとどっかのテレビで放送されていたけど、構造が気になる。3Fにある日本に上陸した有名なシェフのレストランは長蛇の列だった。待つ人達が座る椅子はセブンチェア。1Fにはウェグナーのシェルチェア、B1にはアントチェアやスワンチェア、エッグチェアなどヤコブセン尽くし。さすが国立。一番驚いたのが、3Fにある図書館。アートやデザイン、建築やファッション写真などの書物が多数。誰でも無料で観覧できるらしい。その図書館から見える中庭の風景が最高だった。

その後
[PR]
by ep_dsk | 2007-08-02 22:45 | Architecture
東京モード学園 コクーンタワー
f0047270_0125297.jpg

用事があって新宿西口を歩いていると目に付いた建設現場。


東京モード学園の新宿校舎が建つらしいです。

名前は「コクーンタワー」。

なんだか出来上がってる足元だけ見ても珍しいビルになりそうです。名古屋のほうでもスパイラルタワーなる竜巻みたいなビルを建設中らしい。そんなに儲かっているのか東京モード学園。新宿の建設現場の囲いには「清水建設」とあったが、設計は丹下都市設計事務所。あの代々木体育館を設計した丹下さんがいたところである。それを知ったとき、あーやっぱりと感じるものがこのコクーンタワーにも感じられる。

竜巻とか繭とか、建築物にもアートな要素が増えてきた気がする。
[PR]
by ep_dsk | 2007-07-20 00:11 | Architecture
グルグル
f0047270_21343096.jpg

[PR]
by EP_dsk | 2007-04-08 21:37 | Architecture
ふじようちえん
ふじようちえん


 本日の読売新聞で特集されていました。立川にある「」。クリエイティブディレクター佐藤可士和氏がロゴ・キャラクター、建築夫婦の手塚貴晴+手塚由比氏らが建築を手がけた幼稚園。いよいよデザインのチカラがこういう分野にも本格的に進出してきた感じでワクワクしますね。幼稚園のサイトなのにオシャレ!「子供と一緒にドコいこう~?」って感じで可士和さんぽい楽しい感じです。最初に可士和さんが建物のコンセプトを持ちかけたのかその辺はわからないけど、幼稚園の建物全体が遊具のようになっているというコンセプト。読売新聞の上空写真を見ると、平たいドーナツ型の建物で、園児が自由に屋上へ出て走り回っている自由な印象。教室も開放感があって、中庭から教室全てが把握できるようになってるのかな?自分もこういう幼稚園通ってみたかったです。今回は建築とロゴなどハード面をプロデュースされたみたいだけど、ソフト面はどうなのか気になる。これからの教育のあり方は「デザイン」の参入余地があるのだろうか。
[PR]
by EP_dsk | 2007-02-08 21:25 | Architecture
New中央線と東京ステーションシティ
f0047270_2191262.jpg 本日久しぶりに中央線に乗ったら新しい車両に乗れた!ラッキー。今までと違うのはやはり空間の開放感が格段にうp。つり革も、座席付近のものは取っ手が長くなってて掴まりやすい。黒いのも汚れが目立たなくていいかも。山手線のようなモニターも付いてるし、出入り口付近の床には黄色い凹凸のあるタイルが張ってある。先頭車両の「顔」も近代的です。

 左の写真は東京駅の八重州口に現在建設中の東京ステーションシティのビルの片方。だんだん出来てきてます。工期は2004年度~2013年度までで、竣工予定は2007年10月(グラントウキョウ ノースタワーⅠ期・サウスタワー)、2012年夏(グラントウキョウ ノースタワーⅡ期)、2013年春(グランルーフ等中央部) となってるようです。東京の街並みがまた大きく変わりそうですね。新しく変えるべきものと、残すべきものって難しい。一部の人にとっては「思い出への暴力」になりかねないですからね。

 
[PR]
by EP_dsk | 2007-01-19 21:10 | Architecture
Mid Century Modern
もうこの時期は原宿や渋谷の色んなお店がセールやってます。
ラフォーレやBEAMS、ジャーナルやMIDWESTやandAなどぐちゃぐちゃです。

ところで本日立ち寄った、南青山にある50年代ユーズドファニャチャーのお店「Mid Century Modern」で、新年のカレンダー頂きました。月毎に木目が印刷されていて縦長のカレンダー。何も買わなかったのにありがとうございました。
また来ます。



[PR]
by EP_dsk | 2007-01-07 01:55 | Architecture
中銀カプセルタワービル
f0047270_17402254.jpg

中銀カプセルタワービル


○設計      黒川紀章/黒川紀章都市計画事務所
○所在地    東京都中央区銀座8-16-10
○用途      集合住宅
○規模・構造  SRC造、一部S造、地上11階~13階地下1階
○建築面積   429.51m2
○延床面積   3091.23m2
○竣工      1972年(昭和47年)

 前々から気になってたがやっと発見。本当にとうもろこしのようで他に類を見ない特徴的な建築だった。1960年代にメタボリズム「METABOLISM:新陳代謝」という日本最初の建築・都市デザイン運動があったそうだ。その中で黒川氏は、一つ一つの住空間カプセルを取り替える事ができるサステナブルな集合住宅を設計した。外観はまさに部屋の一つ一つが細胞のように集まり全体を構成し、生物の新陳代謝のように繰り返し細胞が新しく作り変えられるように設計されているようである。ただ、実際には一度も交換はされたことがないらしい。アーキラボで展示されていたような明らかに実験的な建築であることが伺える。実際にまだ住んでいる人がいるらしく、ググってると部屋の中の様子の画像とかがあった。なんでも10㎡くらいしかないらしく、必要最低限の生活機能が凝縮されているらしい。内装は昔の「未来」みたいなスターウォーズのような内装だった。ただ、現在は老朽化が進み、アスベスト問題などが絡んでいろいろデリケートな問題になっているらしい。個人的にはこういう建築は残しておいて欲しいけどなー。wikiによると建て替えが決まったらしい。管理とか大変なんだろうなー。


[PR]
by EP_dsk | 2006-12-27 18:02 | Architecture
国際こども図書館
f0047270_1404596.jpg 前から気になってたけど月曜以外の平日でしかも17時までしかやっていないのでなかなか行けずにいたここ国際こども図書館。上野の公園口から歩いて10分くらいだろうか。
 設計・監理に安藤忠雄建築研究所。入り口からその雰囲気をかもし出している。日差しの差し込む明るいエントランスが、まるで美術館に来たような感じにさせてくれる。もともとこの建物は、帝国図書館の建物として100年前に造られたらしい。外装も内装も、ルネッサンス様式の明治時代の西洋館で、東京都選定歴史的建造物だそうだ。大階段や柱が特に西洋の造りになっている。HPを見ると、増築部が「鉄筋コンクリート構造」と記載されているので、ここを安藤忠雄氏が設計したのかも。
 なにはともあれ、館内はとても明るい。1Fから3Fにかけて大きくカフェ側(中庭)にガラスの壁があり(写真左側)、外の光を館内にうまく取り込んでいる。また、一般の人が通るところは殆どがコンクリで、人が留まるところには床に木が使われていて、温かい印象。


 肝心の図書室も凄く面白い。こんなに子供向けの本や絵本を真剣に読んだのは初めてかもしれない。中には大人でも難しいような内容(てこの原理や力学の法則、コンピュータの仕組みなど)を解説する本などがあり、奥が深い。





今日特に嬉しかったことは、ブルーノ・ムナーリ氏の「闇の夜に」と「木をかこう」が読めたこと。

どちらも勉強になります。。。







  
[PR]
by EP_dsk | 2006-10-20 01:39 | Architecture
無印良品 青山店
f0047270_23444321.jpg


 現在国内直営店で162店舗、更にはイギリス、フランス、スウェーデン、イタリア、ノルウェー、ドイツetcにまで店舗を拡大させている無印良品。

1980年まだ無印良品ができたてホヤホヤなときは西友ストア、西武百貨店、ファミリーマートの一部でしか販売していなかったらしい。

1983年に初めて青山に直営1号店出店し、百貨店インショップ化開始したそうだ。写真がそれ。壁が老舗感を演出しています。




 
[PR]
by EP_dsk | 2006-08-14 23:49 | Architecture
IKEA 船橋
f0047270_320583.jpg 最近雨降りばっかりで夏って感じがしない。夏休みに入ったばっかりの小学生達も夏休みって感じがしないだろうな。いつになったら梅雨だ明けるのか…
 
 ということで本日は雨の中南船橋から歩いてすぐのIKEAに行ってみました。前々からオープンしてたのは知ってたけど、人ごみは嫌いなのでたまたま今日行ってみることに。





f0047270_3222288.jpg 入店してみた感想は、とにかくでかい。グルグル回ってもまだ一周してないのかっていうくらい。IKEAは一つ一つのインテリアをただ並べて売るんじゃなくて、ちゃんとデザイナーさんが?もしくはインテリアコーディネーターが一室をコーディネートしてくれている。なのでお客さんも、売られている商品をどうレイアウトしたらいいかとか、どう配色すればいいかなどが想像しやすい。また、イスやソファに座ってみたくなったり、戸棚の扉を開けてみたくなったりする効果もあることだろう。
この写真はおもしろい壁掛け本棚。なかなか洒落ている。




f0047270_325539.jpg それとデザイン性の高い商品がとにかく安い。確かにもっと安いものなら国内のアウトレット家具センターに行けば変えるだろうけど、家具デザインで有名なスウェーデンのデザインのものを安く買えるとなるとまた価値が変わってくる。デザイン性が高いといっても、日本でこれはアリ?っていうデザインのものもあったが、子供用のおもちゃや遊具、カトラリーなんかはなかなか見ていて面白かったし安い。この写真の本立てのパーティション?なんかもカワイイ。





 今日は欲しいものがあって来た訳じゃないけど、これから一人暮らしを始める人や、欲しい家具なんかがある人は絶対一日中居ても十分な内容があるお店だと思う。小さい頃からかわいくて色鮮やかな家具に囲まれて育つだろうスウェーデンの人は羨ましいなぁ。IKEAの進出により、日本のアウトレット家具センターもかなり存続の危機に見舞われるんじゃないかな。






    
[PR]
by EP_dsk | 2006-07-24 03:19 | Architecture


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Copyright © 2007 dsk All rights reserved