top
is Online Portfolio & Concept Web Site of Industrial Design , Graphic Design , Web Design and Built with Processing.
news about portfolio epsilon blog contact
Top
JCD国際デザインコンペティション2006贈賞式 in 半蔵門
f0047270_0104223.jpg 今日は半蔵門にあるグランドアーク半蔵門のラウンジにて行われるJCD国際デザインコンペティション2006の贈賞式に参加した。平服でOKとかいうメールが来たがある程度はフォーマルな格好で行こうと思っていた。正解だった。なんだこの高級ホテルは。セレブがIT社長やら大株主やらと合コン立食パーティーしてるだろって感じのホテル。普通に暮らしてたらこんな田舎者には来る機会がないだろう。自分は入賞はしなかったが、入選者も是非参加してくださいとの事なのでありがたく参加させていただいた。



f0047270_0142671.jpg グランプリに輝いたのは工事現場の囲いを利用したモバイルストア。個人的に好きだったのが駐車場のデッドスペースをポップアップさせて商空間に変容させるというアイディアの作品。この人は多少年齢が上の人だった。あとランドスケープアートのような、草原でキューブを転がしてそこがお店になるというアイディア。これもすごく面白い。なんでもランドスケープアートは外国で既に存在するらしく、地面を掘り返してアートを表現したりしていた人がいたそうな。それにしても自分には思いつかなかったアイディアばかりなので凄く面白かった。恐らく一人一人の人生経験と知識からこういうアイディアがでてきたのだろう。全くの白紙からアイディアは生まれない。何かと何かを組み合わせることが新しいアイディアの一歩なんだなと感じた。そのためにはまず多くの知識と経験が必要なんだな。



f0047270_0191348.jpg 贈賞式が終わり、懇談会に移った。受賞された人達にはIpodがプレゼントされてた。いいなぁ動画みれるやつ。この懇談会では軽食を食べながら色々とお話してくださいなっていうもの。千葉大の大学院の人や武蔵工業の大学院で手塚さんのゼミに所属している人、現在既に建築事務所で仕事をしている人など、多くの人と話すことができた。その中にはなんとJDNの編集長もいらっしゃって、登竜門のサイトの裏話など伺う事ができた。こういう場でもいつも思うんだが、うちの学科の説明がし辛いのなんの…。なんとなく説明はできるんだけど1期生なもんだから何になれるとかサッパリ。でもSDの宣伝いっぱいしといたよ。



f0047270_026791.jpg 今回のコンペで勉強になったことを一つ記録しておこう。今回のテーマ「モバイルストア20㎡」はなかなか全体的に難しかったようだ。前回は10㎡と面積が少なく、お店自体が動くというものが多かったが、今回は「場所」によって動くという多少限定された動くという機能のものが目立ったようだ。自分のと入賞した人のとを比べて気付いたことは、「モバイルストアというテーマを、単に想像や夢物語で終わらせるのではなく、日常に転がっている商空間の問題の解決方法の手段の一つとして捉える」ということである。一歩通行のデザインとアイディアではダメということだ。原研哉氏の言葉で、「アートは自分の中に、デザインは社会の中に問題を発見すること」とあったような気がする。まさに其の通りだと思った。デザインを考えてそれを仕事とするものにとって、これは当然の事だろう。問題をいかに冷静に発見し、それを解決していくかが問われる世界なんだな。



f0047270_0324092.jpg 懇談会が終わり何人かお話させていただいた方々と名刺を交換した。そのあと皇居が目の前にあったので散歩した。なかなか来る機会がないもんな。最高裁判所とか。アフォーダンスなかなか見つからないな。課題ヤバイ。結構意識して街を歩いてるんだけどもな。これじゃ問題発見能力もあったもんじゃない。どうする。どうするよ。











[PR]
by EP_dsk | 2006-04-15 15:09 | Architecture


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Copyright © 2007 dsk All rights reserved